S90 Royal Hermes アフターパーツ/ iPhone 再生環境

S90 Royal Hermes - レポート

〜 アフターパーツ/ iPhone 再生環境 〜

Bluetooth対応FMトランスミッター & iPhine6車載ホルダー

2年半ぶりに車載FMトランスミッターを変更しました。(2016/3/16)

新しい車載FMトランスミッター
新しい車載FMトランスミッター
新しいBluetooth対応FMトランスミッターを装着した様子。シガーソケットは2口ソケットを使い、FMトランスミッターとETC車載器を接続している。
商品パッケージ表
商品パッケージ表
このEwinFMトランスミッターはBluetooth2.0対応でありながら、FM周波数LED表示、AUX入力、USBメモリー音楽入力、曲選択、ハンズフリー電話に対応する。従来のJ-ForceFMトランスミッターはBluetooth4.0対応と高音質apt-X対応が特色だった。
商品パッケージ裏
商品パッケージ裏
価格はAmazonで\2180 (2016/3/16現在)。J-ForceのFMトランスミッターはAmazonで\3563(2016/3/16現在)/購入時\4580。音質は僅かに劣るが、うっかり触っても周波数が変わらないや多機能性など使い勝手のメリットははるかに大きい。なお、曲の頭で発生していた音飛び現象が今回解消した点も非常に大きなメリット。
Bluetooth対応FMトランスミッター
Bluetooth対応FMトランスミッター
上面はFM周波数ディスプレー部。上面右の緑の受話器ボタンは再生・一時停止/電話着信時応答・リダイアル。赤の受話器ボタンは電話応答時終話/長押しで周波数設定・音量設定。
操作面(正面)
操作面(正面)
左側の+ーボタンは、音量調節/曲選択・FM周波数切り替え(赤の受話器ボタン長押し後)。中央は電源スイッチ(OFFにすることはない)とLED電源インジケーター。右側はAUX入力ポート(アナログ音声ミニジャック)。
USBポート面(裏面)
USBポート面(裏面)
左側は充電専用、右側は充電またはUSBメモリ音楽入力用のUSBポート。

     






iPhone6 車載ホルダー
ローポジションに設置
ローポジションに設置
SEIWA車載ホルダー 製品パッケージ 直射日光を避けるためローピジションに設置。車載ホルダーはスマートフォンを片手で置けるタイプ(SEIWA W832、AutoBacs特価999円・税込み)。
高い首振りの自由度
高い首振りの自由度
接着できる場所は限らるので、以前のホルダー設置場所と同じ、エアコン操作パネルの右横へ。でもこのホルダーは縦向き・横向き、上向き・下向き、左向き・右向きにそれぞれ無段階で自由に調整でき、望むアングルにセッティング可能。前のホルダーに比べiPhone本体が手前に来て見やすくなったが、ウインカー操作時には少々邪魔になる。
(1) 本体を置くと左右のアームが開きます
アクション 1
(1) 本体を置くと左右のアームが開きます。
(2) 背を背面につけて上にあげるとアームが閉じます
アクション 2
(2) 背を背面につけて上にあげるとアームが閉じます。
(3) 手を離してホールド完了です
アクション 3
(3) 手を離してホールド完了です。
本体が大きな背面で支えられるのでタップなどの操作がしやすいです
ナビ画面
本体が大きな背面で支えられるのでタップなどの操作がしやすいです。
通常の操作はやはり縦向きがいいようです
ビデオ再生
通常の操作はやはり縦向きがいいようです。
クルッと回すだけで(どちら方向も可)、横向きのワイド画面になり、とても便利です
ワイド画面で視聴
クルッと回すだけで(どちら方向も可)、横向きのワイド画面になり、とても便利です。

カーナビを撤去したのに伴い、スマートフォンカーナビがより見やすくなるよう、ホルダーの位置を高めに調整。エアコンの吹き出し口を少し塞いでしまうが仕方がない。(2016/6/7)

スマートフォンカーナビをより見やすくするため、iPhone6 ホルダーをより高い位置に調整
ホルダーをより高めの位置に調整
スマートフォンカーナビをより見やすくするため、iPhone6 ホルダーをより高めの位置に調整。
スマートフォンカーナビをより見やすくするため、iPhone6 ホルダーをより高い位置に調整
ホルダーをより高い位置に調整
ホルダーのベースの取り付け位置は変更せず。
スマートフォンカーナビをより見やすくするため、iPhone6 ホルダーをより高い位置に調整
ホルダーをより高い位置に調整
アームの可動範囲内で最も高くなる位置にアームの角度を調整。



[ アフターパーツ/メニュー ]