ニコンD200写真集/Nikon D200 Photo

ニコンD200写真集 / Nikon D200 Photo

<2010年>

 フランス旅行記(12月)
 京都(11月)
 愛車リフレッシュ(10月)
 下田湾(10月)
 白州のヤマユリ(7月)
 リア文字間隔再変更(7月)
 夏を告げる紫陽花(6月)
 日本大正村(5月)
 明知鉄道(5月)
 CORDA Audi 2.5 3WDS TURBO(5月)

*レンズの記述がない写真は「DX VR ZOOM NIKKOR ED 18-200mm F3.5-5.6G」を使用

2010 ベスト 12
岐阜・明知鉄道(野志ー山岡)
岐阜・明知鉄道
アケチ10形11(野志ー山岡)

5/3 撮影 → 写真集へ
岐阜・明知鉄道(野志ー山岡)
岐阜・明知鉄道
アケチ10形12(岩村)

5/3 撮影 → 写真集へ
岐阜・日本大正村ORGANちんどん隊
岐阜・日本大正村
ORGANちんどん隊

5/3 撮影 → 写真集へ
南大沢・紫陽花
南大沢・紫陽花

6/26 撮影 → 写真集へ
白州・ヤマユリ
白州・ヤマユリ

7/25 撮影 → 写真集へ
愛車リフレッシュ
愛車リフレッシュ

10/17 撮影 → 写真集へ
京都・保津川下り
京都・保津川下り

11/21 撮影 → 写真集へ
保津川下り・嵐山着船場
京都・保津川下り・嵐山着船場

11/21 撮影 → 写真集へ
嵯峨野鉄道・トロッコ列車
嵯峨野鉄道・トロッコ列車

11/21 撮影 → 写真集へ
京都・南禅寺三門
京都・南禅寺三門

11/21 撮影 → 写真集へ
京都・知恩院三門
京都・知恩院三門

11/21 撮影 → 写真集へ
京都・東福寺紅葉
京都・東福寺紅葉

11/22 撮影 → 写真集へ

フランス旅行記 ベスト 25
エクス・アン・プロヴァンス/セザンヌのアトリエ
セザンヌのアトリエ

12/10 撮影 → 写真集へ
プロヴァンス/マルセイユ旧港
マルセイユ旧港

12/10 撮影 → 写真集へ
プロヴァンス/アルルの跳ね橋
アルルの跳ね橋

12/10 撮影 → 写真集へ
プロヴァンス/アルルの円形闘技場
アルルの円形闘技場

12/11 撮影 → 写真集へ
プロヴァンス/アルルの町並み
アルルの町並み

12/11 撮影 → 写真集へ
プロヴァンス/ポン・デュ・ガールの水道橋
ポン・デュ・ガールの水道橋

12/11 撮影 → 写真集へ
プロヴァンス/アヴィニョンの橋
アヴィニョンの橋

12/11 撮影 → 写真集へ
ローヌ・アルプ/リヨンのフルヴィエール寺院
リヨンのフルヴィエール寺院

12/11 撮影 → 写真集へ
ロワール/ブールジュ大聖堂
ブールジュ大聖堂

12/12 撮影 → 写真集へ
ロワール/ブールジュ大聖堂内陣
ブールジュ大聖堂内陣

12/12 撮影 → 写真集へ
ロワール/ブールジュ大聖堂ステンドグラス
ブールジュ大聖堂ステンドグラス

12/12 撮影 → 写真集へ
ロワール/シャンボール城
シャンボール城

12/12 撮影 → 写真集へ
ロワール/のエルメス製馬車
シャンボール城のエルメス製馬車

12/12 撮影 → 写真集へ
ノルマンディー/モン・サン・ミッシェル島
モン・サン・ミッシェル島

12/13 撮影 → 写真集へ
ノルマンディー/モン・サン・ミッシェル島と対岸をつなぐ道
島と対岸をつなぐ道

12/13 撮影 → 写真集へ
ノルマンディー/モン・サン・ミッシェル島ホテル・サン・ピエールの窓から
ホテル・サン・ピエールの部屋から

12/13 撮影 → 写真集へ
ノルマンディー/モン・サン・ミッシェル島城壁を散歩
モン・サン・ミッシェル島城壁を散歩

12/13 撮影 → 写真集へ
ベルサイユ宮殿/鏡の回廊
ベルサイユ宮殿/大理石の中庭

12/15 撮影 → 写真集へ
ベルサイユ宮殿/鏡の回廊
ベルサイユ宮殿/鏡の回廊

12/15 撮影 → 写真集へ
ベルサイユ宮殿/ラトナの泉水
ベルサイユ宮殿/ラトナの泉水

12/15 撮影 → 写真集へ
ルーブル美術館/ミロのビーナス
ルーブル美術館/ミロのビーナス

12/15 撮影 → 写真集へ
ルーブル美術館/サモトラケのニケ
ルーブル美術館/サモトラケのニケ

12/15 撮影 → 写真集へ
パリ/夕日に染まるエッフェル塔
パリ/夕日に染まるエッフェル塔

12/15 撮影 → 写真集へ
パリ/イルミネーションと月
パリ/イルミネーションと月

12/15 撮影 → 写真集へ
パリ/ギャラリー・ラファイエット
パリ/ギャラリー・ラファイエット

12/15 撮影 → 写真集へ




フランス旅行記

最新鋭旅客機エアバスA380を体験
ニース / Nice
エクス・アン・プロヴァンス / Aix-en-Provence
マルセイユ / Marseille
アルル / Arles
ポン・デュ・ガール / Pont du Gard
アヴィニョン / Avignon
リヨン / Lyon
ブールジュ大聖堂 / Cathédrale de Bourges
シャンボール城 / Château de Chambord
モン・サン・ミッシェル / Mont Saint-Michel
オンフルール / Honfleur
ルーアン / Rouen
ヴェルサイユ宮殿 / Château de Versailles
ルーブル美術館 / Musée du Louvre
エッフェル塔 / Tour Eiffel
ギャラリー・ラファイエット / Galeries Lafayette

最新鋭旅客機エアバスA380を体験
エールフランス自慢のエアバスA380
AF自慢のエアバスA380
エールフランスが2010年10月に東京−パリ間に就航させたばかりのエアバスA380。エアバスA380は欧州エアバス社の超大型旅客機で、全長73メートル。総2階建てのキャビン面積はB747-400の約1.5倍という。(成田空港出発ロビー)
(2010.12.8 12:33)
垂直尾翼からの眺め
垂直尾翼からの眺め
成田到着の約2時間前、地平線に現れた朝日。12/17 7:38 P905i 垂直尾翼に取り付けられたカメラから見た離陸直前の映像。今までにないアングルでの眺めは新鮮だ。飛行中のキャビンはとても静かに感じる。
(2010.12.8 13:38)

コート・ダジュール/ニース
Côte d'Azur / Nice

クリスマス・イルミネーション
クリスマス・イルミネーション
夕食のレストラン(Brasserie La Casita)に向かう途中で見かけたクリスマス・イルミネーション。
(2010.12.9 19:15)
冬の夜でも屋外のテーブル席
冬の夜でも屋外のテーブル席
冬の夜でもさほど寒くないせいか、現地の人は屋外のテーブルも気にならないようである。
(2010.12.9 19:14)
夜の観覧車
夜の観覧車
アルベールI世公園入口 海沿いのアルベールI世公園に置かれている移動式観覧車と思われる。撮影ポイント(→衛星写真
(2010.12.9 20:26)
エロルド通りのホテル・メディシス前
エロルド通りのホテル・メディシス前
宿泊したエロルド通り(Rue Hérold)のホテル・メディシス(Hôtel Médicis)(→衛星写真)を7:45に出発。撮影ポイント(→衛星写真
(2010.12.10 7:45)
ニースの日の出は7時55分
ニースの日の出は7時55分
ニースの日の出は7時55分とかなり遅い。パイピングが施された本革とクロスのコンビシート、カフェオレ色とダークブラウン色を基調にしたインテリアが落ち着いている。
(2010.12.10 7:55)
夜明けの海岸沿いを走る
夜明けの海岸沿いを走る
エクス・アン・プロバンスに向けてニースの海岸沿いを走る。金曜日の朝8時、夜が明けたばかりだが道路はすでに通勤ラッシュで渋滞中。
(2010.12.10 8:04)
新車の VANHOOL T915
新車の VANHOOL T915
VANHOOL T915 リアビュー ※写真左端、木の後ろのセダンは私の好きな ルノー25 V6(1984-1992)のようである(エクス・アン・プロバンス 12/10 11:02) VANHOOL T915 サイドビュー(マルセイユ 12/10 14:26)
ベルギーのヴァンホール(Van Hool)社製 VANHOOL Model T915は、まだ本革シートの香りが残る2010年6月製造の新車。落ち着いた内装に白色LEDの天井灯と読書灯、足元通路には青色LEDの間接照明が施される。ベルギー製のバスがこんなに素晴らしいとは思わなかった。(途中のSAにて)
(2010.12.10 9:41)

プロヴァンス/エクス・アン・プロヴァンス
Provence / Aix-en-Provence

セザンヌのアトリエの入口
セザンヌのアトリエの入口
エクス・アン・プロヴァンス(エクサン・プロヴァンス)は、印象派画家ポール・セザンヌ(1839-1906)が生まれた町。町の北部に最晩年に活動したこのアトリエがある。(→衛星写真
(2010.12.10 10:27)
アトリエ全景
アトリエ全景
1902年に自ら設計したこのアトリエは彼が亡くなるまで創作を続けた場所。現在は遺品が公開されている。
(2010.12.10 10:57)
工房は建物の2階にある
工房は建物の2階にある
セザンヌのアトリエ(POST CARD) 工房は建物の2階にあるが、内部は撮影禁止。左の写真は1階で求めた絵葉書だが、この時もこの絵葉書の通りだった。
(2010.12.10 10:28)
前庭から見たアトリエ
前庭から見たアトリエ
セザンヌがよく散歩したという庭からアトリエを望む。
(2010.12.10 10:55)
ド・ゴール広場のセザンヌ像
ド・ゴール広場のセザンヌ像
ド・ゴール広場(通称:ロトンド)にあるセザンヌ像。ド・ゴール広場はエクス・アン・プロヴァンスの中心部、セザンヌのアトリエからは南へ約1.5kmの場所に位置する(→衛星写真)。
(2010.12.10 11:11)
ド・ゴール広場の噴水
ド・ゴール広場の噴水
ド・ゴール広場南側から撮影。メインストリートのミラボー通りはこの広場から東(写真右手)へ延びる。セザンヌの像は写真左手にある。
(2010.12.10 12:08)
ミラボー通り南側の町並み
ミラボー通り南側の町並み
おもちゃの人形を売っている屋台 ド・ゴール広場から延びるミラボー通りに入ったところ。通りの南側(写真右手)に沿って食品や雑貨を売る屋台が並ぶ。左の写真はおもちゃの人形を売っている屋台。
(2010.12.10 11:17)
セザンヌらが頻繁に訪れたカフェ
セザンヌらが頻繁に訪れたカフェ
ミラボー通りのレストラン Les Deux Garcons。1792年に建てらたこのカフェには、セザンヌ、ゾラ、ヘミングウェイなどが頻繁に訪れたという(→衛星写真/→Wikipedia/→ウィキペディア)。
(2010.12.10 11:49)
ミラボー通り北側の町並み
ミラボー通り北側の町並み
愛想の良い通り掛かりのお嬢さん 陽を浴びる通り北側の町並み。この先がド・ゴール広場。通りの北側には世界遺産に指定されている旧市街地区となるが、残念ながら見学できず。並木のプラタナスは落葉している。左の写真は買物をした通り北側のスーパー・マルシェ・モノプリ MONOPRIX(→衛星写真)の前を歩いていたお嬢さん。地元の人だろうか(撮影に失敗)。
(2010.12.10 11:51)

プロヴァンス/マルセイユ
Provence / Marseille

マルセイユ旧港
マルセイユ旧港
エクス・アン・プロヴァンスからアルルへ向かう途中、マルセイユ旧港に立ち寄る。(→衛星写真
(2010.12.10 14:40)
マルセイユ旧港
マルセイユ旧港
マルセイユは紀元前600年にまで遡る古い都市であり、人口もパリに次ぐ2番目の数(それでも82万人程度)となっている。
(2010.12.10 14:42)
マルセイユで南仏名物料理「ラタトゥイユ」を賞味
南仏名物「ラタトゥイユ」を賞味
南仏名物「ラタトゥイユ」(野菜の煮込み料理) マルセイユでは、レストラン des Allées(→衛星写真)で南仏名物の野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」を味わう。
(2010.12.10 12:57)

プロヴァンス/アルル
Provence / Arles

ゴッホ「アルルの跳ね橋」(1888)
ゴッホ「アルルの跳ね橋」(1888)
ゴッホ「アルルの跳ね橋」 1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれたアルルの跳ね橋(ラングロワ橋)(→衛星写真)。実際の橋は別の場所にあったが現存しておらず、この橋は同形の橋を復元したもの。
(2010.12.10 16:16)
ゴッホ「アルルの療養所の庭」(1889)
ゴッホ「アルルの療養所の庭」(1889)
絵の背景はゴッホが療養生活を送った病院の中庭。1989年に資料館、店舗などが入る総合文化センターとしてオープン。中庭は「アルルの療養所の庭」の絵に基づいて復元されたもの(→衛星写真)。
(2010.12.11 9:08)
ゴッホ「夜のカフェテラス」(1888)
ゴッホ「夜のカフェテラス」(1888)
ゴッホ「夜のカフェテラス」(1888) 「夜のカフェテラス」のモデルとなったカフェテラス。通りまで明るく照らしているカフェテラスの佇まいが温かい。ゴッホの作品の中でも特に人気が高い。夏ともなれば大いに賑わうことだろう(→衛星写真)。
(2010.12.11 9:42)
レピュブリック広場
レピュブリック広場
アルル市庁舎 アルル中心部のレピュブリック広場。中央にオベリスクが建つ。正面はアルル市庁舎。右手の茶色い瓦屋根の建物はサン・トロフィーム教会(→衛星写真)。
(2010.12.11 9:22)
世界遺産・円形闘技場
世界遺産・円形闘技場
円形闘技場 紀元1世紀(75年頃)に建設された収容人員2万人の闘技場。保存状態がよく、今も闘牛などに使われている(写真の状態は闘牛場セット)。上部の観客席は安全のため鉄骨のフレームが組まれている。現在は2層だが当時は3層だった(→衛星写真)。
(2010.12.11 10:01)
中世の姿を残すアルルの町並み
中世の姿を残すアルルの町並み
円形闘技場から西方向を見る。中世の佇まいを残した、静寂で落ち着いた町である(→衛星写真)。
(2010.12.11 10:13)
サン・ジュリアン教会とローヌ河
サン・ジュリアン教会とローヌ河
左の通りがアンフィテアトル通り、右の通りがヴォルテール通り 円形闘技場から北方向を見る。中央にサン・ジュリアン教会、その向こう側にローヌ河が見える。左の写真は左の通りがアンフィテアトル通り、右の通りがヴォルテール通り。
(2010.12.11 10:14)

プロヴァンス/ポン・デュ・ガール
Provence / Pont du Gard

樹齢1000年のオリーブの木
樹齢1000年のオリーブの木
水道橋そばにある樹齢1000年のオリーブの木。撮影地点は右の写真と同じ(→衛星写真)。
(2010.12.11 11:25)
世界遺産・ローマ時代の水道橋
世界遺産・ローマ時代の水道橋
2層目のアーチの脚 1層目の上の道から2層目のアーチを見上げる
古代ローマ時代の紀元前19年頃(約2000年前)、ローマ人によってニームへ水を運ぶための全長50キロメートルに及ぶ水道橋が建設された(→衛星写真)。写真はガルドン川下流から見た水道橋。
(2010.12.11 11:26)
世界遺産・ローマ時代の水道橋
世界遺産・ローマ時代の水道橋
記念写真 ガルドン川上流から見る。水道橋は3層構造で、高さは水面から一番上まで49メートルもあるが、2000年も前にこのような巨大な構造物が作られたこと自体に驚く。水道水は一番上のアーチの上を左から右へ流れる。(→衛星写真)。
(2010.12.11 11:31)
サン・ジュリアン教会とローヌ河
水道橋からガルドン川下流を望む
ガルドン川はこの先曲折しながら最終的にローヌ川に流れ込む(→衛星写真)。
(2010.12.11 11:38)

プロヴァンス/アヴィニョン
Provence/Avignon

世界遺産・アヴィニョン教皇庁(法王庁宮殿)
世界遺産・アヴィニョン教皇庁
アヴィニョン教皇庁(法王庁宮殿) 法王庁宮殿とも呼ばれる。この宮殿は1334年から1352年に掛けて建設されたヨーロッパ最大のゴシック建築で、壁の高さは50メートル、内部の面積は1万5000平方メートルもある(→衛星写真)。だが、内部の宗教的装飾品の多くはフランス革命の際に破壊されてしまった。
(2010.12.11 13:45)
ルイ2世 ブルボン公の像
ルイ2世 ブルボン公の像
足元のパグ犬 ルイ2世(Louis II, 1337 - 1410)、第3代ブルボン公夫妻と思われる像。足元には可愛がっていたと思われる私も大好きなパグ犬がいる。鼻が欠けてしまっているのが可哀想。
(2010.12.11 14:25)
祝宴の間(大食堂)
祝宴の間(大食堂)
レセプション会場 長さ52メートル、幅17メートル、高さ11メートルもある大きな祝宴の間(大食堂)は、今では各種催し物のレセプション会場などに利用されている。左の写真はフランス観光開発機構オフィシャルサイトより。
(2010.12.11 14:09)
世界遺産・サン・ベネゼ橋(アヴィニョンの橋)
世界遺産・サン・ベネゼ橋(アヴィニョンの橋)
サン・ベネゼ橋(アヴィニョンの橋)にて フランス民謡「アヴィニョンの橋の上で」の曲で世界中に知られているアヴィニョンの橋。1177年から1185年に掛けてローヌ川に架けられた橋は全長900メートル、22連のアーチ橋だったが何度も流され、17世紀以来、4連を残すのみとなっている。中ほどに見える建物は橋を造った聖ベネゼを祀る礼拝堂(→衛星写真)。フランス民謡「アヴィニョンの橋の上で」の曲は、4連アーチになった後の19世紀に作られた。
(2010.12.11 15:03)

ローヌ・アルプ/リヨン
Rhône-Alpes/Lyon

フルヴィエール寺院
フルヴィエール寺院
フルヴィエールの丘から見るリヨンの夜景 リヨンの町を見下ろすフルヴィエールの丘に建つノートルダム大聖堂・フルヴィエール寺院(→衛星写真)。旧市街にあるこの寺院は市民の寄付で1896年(明治29年)に建てられた比較的新しい寺院。(→大きめ900x1020の写真
(2010.12.11 18:05)
豪華絢爛な内陣
豪華絢爛な内陣
祭壇部の天井 祭壇
教会内に一歩足を踏み入れた途端、重厚な装飾に圧倒される。
(2010.12.11 18:21)
天井に施された装飾
天井に施された装飾
天井に施された装飾 金色と緑色を基調とした豪華絢爛の天井装飾
(2010.12.11 18:21)
ミニチュア模型の飾り
ミニチュア模型の飾り
ミニチュア模型の飾り 宗教的意義はわからないが、市民の生活を表しているようなミニチュア模型が飾られている。
(2010.12.11 18:28)

ロワール/ブールジュ大聖堂
Loire/Cathédrale de Bourges

世界遺産・ブールジュ大聖堂
世界遺産・ブールジュ大聖堂
大聖堂側面 12世紀末から13世紀末にかけて建造されたゴシック様式の大聖堂(→衛星写真)。サン・テティエンヌ大聖堂とも呼ばれるが仏名はCathédrale de Bourges。
(2010.12.12 14:09)
大聖堂正面
大聖堂正面
正門の5連の扉 正門は左の全景写真の真後ろにあたる。正門の5連の扉は、左右4つが修復を完了。だが中央の大きな扉は修復中だったため彫刻がよく見えなかったのが心残り。
(2010.12.12 13:43)
大聖堂内陣
大聖堂内陣
両側に複雑な断面を持つ太くて高い柱が林立し、内陣の巨大な空間を支えている。このような芸術的な造形美を持つ建築物が造られることはあるのだろうか。
(2010.12.12 13:49 / f=18mm / 1/4秒 / F3.5 / ISO 200
精緻な図柄のステンドグラス
精緻な図柄のステンドグラス
精緻な図柄のステンドグラス 深く且つ鮮やかな赤は特に印象的
周囲の柱の間に嵌め込まれている大量のステンドグラスは建設当時のもの。きわめて精緻な図柄が目を引く。
(2010.12.12 13:52)

ロワール/シャンボール城
Loire / Château de Chambord

シャンボール城
世界遺産・シャンボール城
シャンボール城はフランソワ1世によって、狩猟用の館として1519年から1547年にかけて建設された(→衛星写真)。写真は城の裏手になる。
(2010.12.12 16:01)
シャンボール城
水に映る城は美しい
シャンボール城にて 左の写真で耳に掛けているのは補聴器ではありません!ツアー旅行には必須と言えるガイディングレ・シーバー。
(2010.12.12 16:01)
シャンボール城
屋根の塔はすべて煙突
城には部屋が440、暖炉が365、階段が74あり、屋根には暖炉ごとの365本の煙突が装飾的に造られている。暖炉の数が多いのは寒さが厳しいためだった。
(2010.12.12 15:55)
シャンボール城(正面入口)
正面入口
正面バルコニーからの眺め 設計にはフランソワ1世が傾倒していたレオナルド・ダ・ヴィンチも絡んでいたらしく(説)、昇る人と降りる人が出会うことのない二重螺旋の階段も造られている。
(2010.12.12 16:07)
二重螺旋の階段
二重螺旋の階段
2つの階段を人がすれ違うことなく昇り降りできるようになっている。
(2010.12.12 16:16)
控えの間
控えの間
もともとあった家具調度品はフランス革命時にほとんど略奪され、これらの絵は革命後の城主シャンボール伯爵が運び込んだものという。
(2010.12.12 16:33)
王の寝室と儀式用の寝台
王の寝室と儀式用の寝台
儀式用の寝室なので、実際にどれほど使われたかはわからない。
(2010.12.12 16:33)
エルメス製の馬車
エルメス製の馬車
エルメス製の馬車 1871年にシャンボール伯爵のために作られた馬車。馬具一式はエルメス製。馬車は未使用のようである。
(2010.12.12 16:58)

ノルマンディー/モン・サン・ミッシェル
Normandie / Mont Saint-Michel

世界遺産モン・サン・ミッシェル島
世界遺産モン・サン・ミッシェル島
モン・サン・ミッシェル島を背景に イギリス海峡に面した湾内の島に966年に修道院が建てられ、その後増改築を重ねて13世紀にはほぼ現在の形になった。18世紀末のフランス革命後に修道院が廃止され1863年まで国の監獄として使用された時期もあったが、1865年に再び修道院として復元された(→衛星写真)。
(2010.12.13 14:10)
突出門から修道院付属教会を見る
突出門から修道院付属教会を見る
工事中の突出門(入口) 駐車場前の突出門(入口)から修道院付属教会を見上げる。左は工事中の突出門(入口)。
(2010.12.13 14:18)
島と対岸をつなぐ道
島と対岸をつなぐ道
写真の左に島へ通じる道、写真手前に観光バスの駐車場が見える 対岸との間をつなぐこの道は1877年に作られたが100年間の間に急速な陸地化が進んでしまったため、現在道を取り壊して橋を架ける計画が進んでいるという。我々がこちらを撮影した時と同じ場所にバスが停まっているのが見える。
(2010.12.13 14:53)
ガブリエル塔を見下ろす
ガブリエル塔を見下ろす
修道院付属教会の西側テラスにて 島の西側に張り出しているガブリエル塔を修道院付属教会の西側テラスから見下ろす。一番左の全景写真では左端に写っている円錐屋根の小さな建物。
(2010.12.13 15:00)
修道院付属教会の尖塔
修道院付属教会の尖塔
島の中心にある修道院付属教会の尖塔。尖塔には黄金に輝く大天使ミカエル像が載っている。
(2010.12.13 15:13)
最上階の中庭と回廊
最上階の中庭と回廊
修道院付属教会の最上階にある中庭と回廊。とても落ち着いたたたずまいとなっている。
(2010.12.13 15:14)
修道院付属教会の内陣
修道院付属教会の内陣
内陣の一角にあるパイプオルガン 中央の二人はツアーディレクターと現地ガイドスタッフ。内陣の一角には変わった形をした小型のパイプオルガンがあった(写真左)。
(2010.12.13 15:08)
修道院付属教会の内陣
修道院付属教会の内陣
内陣に飾られたクリスマス飾り 修道院付属教会の内陣は島の上の教会と言えどもやはり壮大である。また内陣には他の教会と同様、クリスマス飾りが飾られる(写真左)。
(2010.12.13 15:13)
島のメインストリート「大通り」
島のメインストリート「大通り」
島のメインストリートである「大通り」(グランド・リュ Grande Rue)(→衛星写真)。日本なら「モンサンミッシェル銀座」と言った所か。
(2010.12.13 14:26)
※モン・サン・ミッシェルでは特に撮影ミスが多く見苦しい写真多し。
ホテルは15世紀に建てられた館
ホテルは15世紀に建てられた館
この建物は歴史的建造物に指定されている 宿泊したホテル「オーベルジュ・サン・ピエール」 (Auberge Saint-Pierre)は、15世紀に建てられ、歴史的建造物に指定されている。
(2010.12.13 14:27)
3階一番右の角部屋に宿泊 / P905i
3階一番右の角部屋に宿泊
窓から顔を出しているのは誰だ / P905i このホテルは大通りに面して建っているため、島内観光には文句なしの好立地。宿泊した部屋は3階の角部屋106号室。フロントは2階にある。夕食は1階のレストランでとった。
(2010.12.13 17:11 / P905i)
窓からは左手に王の門が見える
窓からは左手に王の門が見える
西側の窓は王の門に面している 大通りに面した窓の左手にはグリーンのシートで覆われた王の門が見える。大通りの両側は「プラールおばさん」で有名なクッキーショップ。
(2010.12.13 16:31)
窓の下は大通り
窓の下は大通り
左が西側の窓、右が北側の窓 部屋の写真の左が西側の窓、右が北側の窓なのだが、窓からは大通りの賑わいがよく見える。商店街の閉店時間はけっこう早く、6時頃には閉店する。
(2010.12.13 16:31)
ホテル3階の出入口から城壁に出る ホテル3階の出入口から城壁に出る
部屋の前の廊下には城壁への出入口があり、出入口を出ると「自由の塔」の前に出られる。この出入口は夜の12時まで部屋のキーを使って自由に出入りできる。(2010.12.13 16:36)
ホテルを出て城壁を散歩
ホテルを出て城壁を散歩
城壁の道は島の南から東まで島を4分の1周している。右の階段を上がると教会まで行ける。ホテル近くの城壁の道には様々なショップも並んでいる。
(2010.12.13 16:51)
ホテル・サン・ピエールの部屋から
ホテル・サン・ピエールの部屋から
「大通り」側の窓 「大通り」側の窓からは修道院付属教会が目の前に見える。
(2010.12.13 16:36)
夕闇みに浮かび上がる修道院 / P905i
夕闇みに浮かび上がる修道院
ライトアップされた修道院付属教会は神秘的。
(2010.12.13 17:46 / P905i)
夜の修道院 / P905i
夜の修道院付属教会
ライトアップは12時ごろまで行われるているようである。
(2010.12.13 18:51 / P905i)

ノルマンディー/オンフルール
Normandie / Honfleur

オンフルール旧港の町並み / P905i
オンフルール旧港の町並み
オンフルールはイギリス海峡にそそぐセーヌ川河口にある港町。11世紀来、イギリスへ物資を運ぶための港として発達。フランス王国とイングランド王国が戦った百年戦争(1337-1453)時代に最も栄えた。旧港の入口から町並みを見る(→衛星写真)。
(2010.12.14 11:22 / P905i)
探検家シャンプラン総督の家 / P905i
探検家シャンプラン総督の家
1608年にカナダのセント・ローレンス川流域にケベックの町を建設した探検家サミュエル・ド・シャンプラン総督(1567-1635)の家(→衛星写真)。家の前には雪化粧したクリスマス・ツリーが飾られている。
(2010.12.14 11:22 / P905i)
旧港に面した美しい町並み / P905i
旧港に面した美しい町並み
町並みの中で 幅100m、奥行き200mあるか無いかの小さな港だが、港に沿った町並みは非常に美しい。旧港の奥から町並みを見る(→衛星写真)。(2010.12.14 11:31 / P905i)
停泊中のヨットは絵になる / P905i
停泊中のヨットは絵になる
旧港は現在はヨットハーバーになっている(→衛星写真)。ノルマンディーやパリなど北フランス一帯は当時イングランドに支配されていたが、幸いにもフランスが勝利したおかげで現在の位置に国境が成立することになった。フランスを勝利に導いたジャンヌ・ダルクがいまだに忘れ去られないのはこのためなのだろう。
(2010.12.14 11:34 / P905i)
サンテティエンヌ教会(海洋博物館 / P905i
サンテティエンヌ教会
旧港に面して建つサンテティエンヌ教会。内部は海洋博物館らしい(→衛星写真)。
(2010.12.14 11:26 / P905i)
サン・カトリーヌ教会・鐘楼 / P905i
サン・カトリーヌ教会・鐘楼
フランス最古かつ最大の木造教会(→衛星写真)。
(2010.12.14 11:39 / P905i)
サン・カトリーヌ教会・礼拝堂 / P905i
サン・カトリーヌ教会・礼拝堂
15世紀の百年戦争で破壊された教会を再建する際、費用を抑えるために木造にしたという(→衛星写真)。
(2010.12.14 11:39 / P905i)
サン・カトリーヌ教会・内陣 / P905i
サン・カトリーヌ教会・内陣
設計したのが船大工というだけあって、その技術は船底のような天井に生かされているようだ。
(2010.12.14 11:42 / P905i)

ノルマンディー/ルーアン
Normandie / Rouen

ルーアンノートルダム大聖堂側面 / P905i
ルーアンノートルダム大聖堂側面
大聖堂側面入口。大聖堂本体は1063年に建造されたものだが、ステンドグラスは15世紀、高さ152mの尖塔部分は19世紀に追加されている(→衛星写真)。
(2010.12.14 14:33 / P905i)
大聖堂側面入口 / P905i
大聖堂側面入口
真黒になっていた彫刻がきれいに補修されている(→衛星写真)。
(2010.12.14 14:36 / P905i)
大聖堂正面 / P905i
大聖堂正面
町並みの中で フランスは広場があるとこのような移動式の観覧車やメリーゴーランドが置かれることが多い。国民性の違いとは言え、京都・奈良の仏閣の前に置くような違和感がある。観覧車を良く見ると籠に囲いが無いが、怖くないのだろうか(→衛星写真)。
(2010.12.14 14:48 / P905i)
大聖堂内陣 / P905i
大聖堂内陣
11世紀に建てられただけあって、内陣の佇まいには歴史を感じる重みがある。
(2010.12.14 14:55 / P905i)
大時計通り / P905i
大時計通り
ノートルダム大聖堂から大時計通りを通ってジャンヌ・ダルク教会のある旧市場広場へ向かう(→衛星写真)。
(2010.12.14 15:26 / P905i)
ルーアンのシンボル「大時計」 / P905i
ルーアンのシンボル「大時計」
ルーアンの町のシンボルともなっている大時計(→衛星写真)。
(2010.12.14 15:27 / P905i)
1本針の時計は14世紀の作 / P905i
1本針の時計は14世紀の作
1本針(時針のみ)が特徴の時計は14世紀の作。門のアーチは16世紀に作られた。
(2010.12.14 15:28 / P905i)

イル・ド・フランス/ヴェルサイユ宮殿
Ile de france / Château de Versailles

正面鉄柵門(第1の鉄柵門)
正面鉄柵門(第1の鉄柵門)
アルム広場に面したベルサイユ宮殿の入口(→衛星写真)。ベルサイユ宮殿はルイ13世(1601-1643、在位1610-1643)が1631年に建設した城館から始まり、ルイ18世(1755-1824)まで増改築が続けられた。現在、世界遺産。
(2010.12.15 9:27)
正面内庭
正面内庭
写真の左には第2の鉄柵門が小さく見える。真ん中の建物は王室礼拝堂(→衛星写真)。
(2010.12.15 9:28)
第2の鉄柵門
第2の鉄柵門
1830年に勃発した七月革命では宮殿の破壊が懸念されたが、ルイ・フィリップ1世(1773-1850、在位1830-1848)が「フランス歴史博物館」(1837年開館)にすることを提案してその危機から救った。(→衛星写真
(2010.12.15 9:30)
王室礼拝堂の2階部分
王室礼拝堂の2階部分
ルイ14世時代の1710年に完成した王室礼拝堂(→衛星写真)。1階席が一般用で2階席が王室用だった。1770年ルイ16世(1754-1793、在位1774-1792)とウィーンから来たハプスブルク家のマリー・アントワネット(1755-1793)の婚礼も行われている。
(2010.12.15 9:40)
ヘラクレスの間
ヘラクレスの間
展示されていた村上隆氏の作品 正殿と王室礼拝堂の間にある部屋。写真の絵の両側のドアから王室礼拝堂を経て北翼棟の各部屋へと通じている(→衛星写真)。王室礼拝堂ができるまで礼拝堂として使われていた。9月から村上隆展が開催されているとのことで、この部屋にも氏の大きな作品が展示されていた(左の写真)。
(2010.12.15 9:40)
ヴィーナスの間
ヴィーナスの間

天井 前 天井 後
天井 左 天井 右
ローマ時代の姿をした若き日のルイ14世(1638-1715、在位1643-1715)像。ヘラクレスの間から2つめの部屋。夜会の際に軽食を取る場所として使われていた。天井画は「神々と強大国を従わせるヴィーナス」
(2010.12.15 10:48)
鏡の回廊
鏡の回廊
1684年に完成した鏡の回廊は庭園に面した正殿の2階にある。当時非常に高価だった鏡が壁面を覆っている(写真左側の壁面)。全長73メートルに及ぶ回廊の中央部分、つまり正殿の中央部分には王の寝室がある。回廊からは広大な庭園が見渡せる(写真右側)(→衛星写真)。
(2010.12.15 10:02)
王の寝室
王の寝室

王の寝室 王の寝室
王の寝室は鏡の回廊の中央部分にあり、寝室の枕元の裏が鏡の回廊となっている。
(2010.12.15 10:11)
鏡の回廊から南翼棟を見る
鏡の回廊から南翼棟を見る
鏡の回廊から南花壇越しに南翼棟を見る(→衛星写真)。手前の連結車は庭園見学用の乗り物プチトラン。(2010.12.15 10:16)
王妃の寝室
王妃の寝室

王妃の寝室 王妃の寝室
鏡の回廊の南端の角部屋が王妃の寝室になっており、寝室の左側の壁の裏が鏡の回廊となる。
(2010.12.15 10:17)
戴冠の間
戴冠の間
かつては「王と王妃の衛兵の間」と呼ばれていたが、ルイ・フィリップ1世(1773-1850、在位1830-1848)によってこの巨大な絵が飾られてから戴冠式の間と呼ばれるようになった。絵ではナポレオン1世が妻ジョセフィーヌに冠を授けている。
(2010.12.15 10:28)
大理石の中庭
大理石の中庭
正殿前の大理石の中庭(→衛星写真)。屋根の装飾や壁面の彫刻が素晴らしい。写真右手の正殿北側から入り、正殿正面(鏡の間)、写真左手の正殿南側と回って来たところ。
(2010.12.15 10:34)
ラトナの泉水とラトナの花壇
ラトナの泉水とラトナの花壇
宮殿の前庭にて 正殿から、水の前庭、ラトナの泉水、ラトナの花壇、緑の絨毯、アポロンの泉水、大運河へと延びる庭園(→衛星写真)。この季節、ラトナの泉水は氷結している。
(2010.12.15 10:59)
正殿と水の前庭
正殿と水の前庭
氷結した水の前庭から正殿を見る(→衛星写真)。正殿正面の2階は鏡の回廊。
(2010.12.15 11:04)
北花壇から北翼棟と正殿を見る
北花壇からの北翼棟と正殿
北花壇の西端から北翼棟(左)と正殿(右)を見る(→衛星写真)。北花壇の霜が溶けずに残っている。(2010.12.15 11:06)
水の散歩道からドラゴン泉水
水の散歩道からドラゴン泉水
ドラゴンの泉水 北花壇から延びる水の散歩道(→衛星写真)。先に見える泉が氷結したドラゴン泉水。
(2010.12.15 11:09)
トリアノン通り
トリアノン通り
ドラゴンの泉水からトリアノン宮殿まで延びるトリアノン通り。1キロ余りある一直線の並木道である(→衛星写真)。この道はプチトランの見学ルートにも入っている。
(2010.12.15 11:19)
縦列駐車の車間距離
縦列駐車の車間距離
トリアノン通りの撮影を終え、ネプチューンの泉水の左手から宮殿を出てネプチューンの泉水の裏手に回った所で見かけた路上駐車の光景(→衛星写真,写真の正面に写っている白い家の3つのドーマーが衛星写真で確認できる)。フランスではどこへ行っても車間距離をぎりぎりに詰めた縦列駐車を目にする。ルノー・メガーヌの後ろの赤い車はシトロエンC4ピカソ、前がアウディA3。本当に前後に押しのけて脱出するのだろうか。でもそうするしか無さそうだ。
(2010.12.15 11:24)

パリ/ルーブル美術館
Paris / Musée du Louvre

ルーブル美術館
ルーブル美術館
ピラミッドの下から外を見る ルーブル美術館の中庭(→衛星写真)。エッフェル塔もそうだったが、このガラスのピラミッドも賛否が分かれ、かなりの反発があったようである。
(2010.12.15 14:13)
ミロのヴィーナス
ミロのヴィーナス
ミロのヴィーナスを見学する子供たち 後ろ姿 ミロのヴィーナス(紀元前2世紀末)、H202cm、古代ギリシャ。エーゲ海のメロス(ミロ)島で発見。
(2010.12.15 14:04)
サモトラケのニケ
サモトラケのニケ
サモトラケのニケの拡大 サモトラケのニケ(紀元前190年)、古代ギリシャ。1863年に、エーゲ海のサモトラケ島で発見。ニケはギリシャ語で「勝利」。
(2010.12.15 14:10)
サビニの女たち
サビニの女たち
サビニの女たち(1799)、W522 x H385cm、ダヴィッド(1748-1825)
(2010.12.15 14:21)
皇妃ジョゼフィーヌの戴冠
皇妃ジョゼフィーヌの戴冠
皇帝ナポレオン1世の聖別式と皇妃ジョゼフィーヌ(1763-1814)の戴冠(1804)、W979 x H621cm、ダヴィッド(1748-1825)
(2010.12.15 14:21)
皇妃ジョゼフィーヌ
皇妃ジョゼフィーヌ
皇妃ジョゼフィーヌ(1805)、W179 x H244cm、プリュードン(1758-1823)(2010.12.15 14:23)
レカミエ夫人
レカミエ夫人
レカミエ夫人(1800)、W244 x H174cm、ダヴィッド(1748-1825)
(2010.12.15 14:25)
アタラの埋葬
アタラの埋葬
アタラの埋葬(1808)、W267 x H207cm、トリオゾン(1767-1824)
(2010.12.15 14:26)
グランド・オダリスク
グランド・オダリスク
グランド・オダリスク(1814)、W162 x H91cm、アングル(1780-1867)。背骨と骨盤の不整合、左足の不自然さなど、異様な絵となっている。
(2010.12.15 14:28)
モナ・リザ
モナ・リザ
モナ・リザの絵は大人気 モナ・リザの絵は大人気で写真を撮るのにも苦労するほど。モナ・リザ(1503-1505)、W530 x H770cm、ダ・ヴィンチ(1452-1519)。
(2010.12.15 14:32)
カナの婚宴
カナの婚宴
カナの婚礼(1562-1563)、W994 x H677cm、ヴェロネーゼ(1528-1588)
(2010.12.15 14:34)
民衆を導く自由の女神
民衆を導く自由の女神
民衆を導く自由の女神(1831)、W325 x H260cm、ドラクロワ(1798-1863)
(2010.12.15 14:38)
シャルル7世の戴冠式のジャンヌ・ダルク
戴冠式のジャンヌ・ダルク
シャルル7世の戴冠式のジャンヌ・ダルク(1854)、W178 x H240cm、アングル(1780-1867)
(2010.12.15 14:43)

パリ/エッフェル塔
Paris / Tour Eiffel

夕焼けに包まれるエッフェル塔
アレクサンドル3世橋とエッフェル塔
セーヌ川アレクサンドル3世橋付近から夕焼けに包まれたエッフェル塔を見る(→衛星写真)。
(2010.12.15 16:57)
アルマ橋とエッフェル塔
アルマ橋とエッフェル塔
セーヌ川アルマ橋付近からエッフェル塔を見る(→衛星写真)。この橋の北側(写真の反対側)にセーヌ川と並行してジョルジュ・ポンピドー道路が走るが、1997年8月31日、ダイアナ元英国皇太子妃の自動車事故は北側の袂のトンネル内(アルマ広場の下)で発生した(→衛星写真)。ダイアナ妃はパリ滞在4日目、モン・サン・ミッシェル観光の帰り、ホテルに戻る途中で事故に遭った。
(2010.12.15 17:01)
夕日に染まるエッフェル塔
夕日に染まるエッフェル塔
セーヌ川に架かるアーチ橋はドゥービィー歩道橋。エッフェル塔の手前は「ケ・ブランリ美術館」(→衛星写真
(2010.12.15 17:02)
夜の準備
繊細かつ緻密なデザイン
細部まで繊細かつ緻密にデザインされた構造、アースカラーに塗られた落ち着いた佇まいは芸術性が極めて高く、存在すること自体が圧倒的であり、美しい。
(2010.12.15 17:05)
明治22年に完成
明治22年に完成
1889年(明治22年)の第4回万国博覧会に合わせ、わずか2年の工期で建設された。エンパイア・ステート・ビルより42年も前に完成していたとは信じ難い。世界遺産にならないことが不思議なほどである。なおエッフェル塔は何にも妨げられずに全景が見られる公園を持っていることも特徴である。
(2010.12.15 17:06)
内照式の夜間照明
内照式の夜間照明
エッフェル塔の夜間照明が内照式になったのは1985年で、東京タワーはこれを真似て3年後の1988年に内照式となった。内照式のアイデアは素晴らしく、夜の景観を一変させるものだった。しかも近くのものを照明するだけなので省エネにもなるという。(2010.12.15 17:15)
イルミネーションと月
イルミネーションと月
タイミング良く塔と月が並ぶ美しい眺めとなった。ここも多くの人が集まるところなので他の観光地同様、フランス名物の移動式メリーゴーランドが棟の下に鎮座している。
(2010.12.15 17:16)

パリ/ギャラリー・ラファイエット
Paris / Galeries Lafayette

ギャラリー・ラファイエット
ギャラリー・ラファイエット
ヨーロッパ最大級の百貨店「ギャラリー・ラファイエット」のイルミネーション(→衛星写真)。
(2010.12.15 18:09)
ギャラリー・ラファイエット前の雑踏
ギャラリー・ラファイエット前の雑踏
ギャラリー・ラファイエット前の混雑は、有楽町の雰囲気を思い出させる。
(2010.12.15 17:44)
ギャラリー・ラファイエット・ドーム
ギャラリー・ラファイエット・ドーム
中央ドームはオペラハウスのバルコニーような造りを見せる。クリスマスに合わせた装飾が空間を埋め尽くす。
(2010.12.15 18:00)
→ 目次へ


京都

南禅寺三門
南禅寺三門
1291年(正応4年)創建。

●撮影データ 2010.11.21 13:40 / f=22mm / 1/125秒 / F5.6 / ISO 100
南禅寺法堂
南禅寺法堂


●撮影データ 2010.11.21 13:51 / f=18mm / 1/125秒 / F56 / ISO 100
知恩院三門
知恩院三門
1175年(承安5年)創建。

●撮影データ 2010.11.21 14:36 / f=18mm / 1/125秒 / F4 / ISO 100
高台寺庫裏
高台寺庫裏
1606年(慶長11年)創建。

●撮影データ 2010.11.21 15:10 / f=18mm / 1/160秒 / F6.3 / ISO 100
保津川下り
保津川下り
亀岡乗船場から嵐山着船場までの16kmを2時間近く掛けて下る。

●撮影データ 2010.11.22 9:31 / f=38mm / 1/640秒 / F4.2 / ISO 100
保津川下り
保津川下り
この水路は丹波地方の産物を京へ送るための産業水路として1606年(慶長11年)に拓かれた。

●撮影データ 2010.11.22 9:39 / f=31mm / 1/640秒 / F4 / ISO 200
保津川下り
保津川下り


●撮影データ 2010.11.22 10:19 / f=28mm / 1/640秒 / F4 / ISO 200
保津川下り
保津川下り


●撮影データ 2010.11.22 9:31 / f=18mm / 1/640秒 / F3.5 / ISO 200
嵐山着船場の紅葉
嵐山着船場の紅葉
保津川下りの終点、嵐山着船場。

●撮影データ 2010.11.22 10:49 / f=18mm / 1/640秒 / F305 / ISO 200
嵐山渡月橋界隈
嵐山渡月橋界隈
観光地だけあって若い女性の車夫が活躍している。

●撮影データ 2010.11.22 11:04 / f=18mm / 1/160秒 / F305 / ISO 100
嵯峨野観光鉄道トロッコ列車
トロッコ列車
嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車(トロッコ嵐山-トロッコ嵯峨)。減速しながらトロッコ嵯峨駅に進入するところ。残念ながら予約がいっぱいで乗ることはできなかった。

●撮影データ 2010.11.22 13:15 / f=26mm / 1/90秒 / F4 / ISO 100
トロッコ嵯峨駅19世紀ホール
トロッコ嵯峨駅19世紀ホール
「トロッコ嵯峨駅19世紀ホール(SL & PIANO MUSEUM)」には蒸気機関車C56,D51,C58と、ピアノの展示がある。

●撮影データ 2010.11.22 13:15 / f=18mm / 1/10秒 / F4 / ISO 100
東福寺庭園の落葉
ベーゼンドルファー
オーストリア製のベーゼンドルファー・インペリアル・モデル「モデル290」は通常フルコンサートモデルより30cm長い290cm。ベートーヴェン、ショパン、リスト、シューベルトなどの作曲家はほとんどベーゼンドルファーで作曲している。

●撮影データ 2010.11.22 13:29 / f=27mm / 1/4秒 / F4 / ISO 100
東福寺本堂
東福寺本堂


●撮影データ 2010.11.22 15:17 / f=24mm / 1/20秒 / F3.8 / ISO 100
東福寺庭園の落葉
東福寺庭園の落葉


●撮影データ 2010.11.22 15:26 / f=28mm / 1/6秒 / F4 / ISO 100
東福寺庭園の紅葉
東福寺庭園の紅葉


●撮影データ 2010.11.22 15:27 / f=28mm / 1/8秒 / F4 / ISO 100
→ 目次へ


愛車リフレッシュ

6年ぶりにリフレッシュ
6年ぶりにリフレッシュ
6年ぶりにリフレッシュしたMyS90ロイヤルエルメス。(→メンテナンス/ボディコーティング

●撮影データ 2010.10.17 9:08 / f=27mm / 1/160秒 / F6.3 / ISO 100
車齢13年とは思えぬ外観に
車齢13年とは思えぬ外観に
最近はヘアライン状の細かい傷がかなり目立ってきていました。

●撮影データ 2010.10.17 9:00 / f=26mm / 1/60秒 / F3.8 / ISO 100
入念な下地処理が重要
入念な下地処理が重要
プロにより細かいところまで入念に下地処理が行われる。作業時間は9時間近い。

●撮影データ 2010.10.17 9:01 / f=29mm / 1/60秒 / F4 / ISO 100
リアの文字間隔を再々見直し
リアの文字間隔を再々見直し
トランクリッド後端の“VOLVO”ロゴを元に戻す際、文字間隔を再度見直し、わずかに間隔を狭める。

●撮影データ 2010.10.17 9:03 / f=20mm / 1/80秒 / F4.5 / ISO 100
→ 目次へ


下田湾

寝姿山展望台から望む下田湾
寝姿山展望台から望む下田湾
寝姿山自然公園内の展望台から下田湾を望む。左側の湾内に突き出た島が弁天島。ここから吉田松陰は黒船に密航するため小舟を漕ぎ出した。

●撮影データ 2010.10.3 10:24 / f=18mm / 1/320秒 / F9 / ISO 100
航行する遊覧船サスケハナ号
航行する遊覧船サスケハナ号
黒船サスケハナ号を模した遊覧船サスケハナ号が湾内を遊覧している。

●撮影データ 2010.10.3 11:26 / f=62mm / 1/250秒 / F8 / ISO 100
展望台に設置されるモニュメント
展望台に設置されるモニュメント
「地球が丸く、、、」(横書き)と「地球が円く、、、」(縦書き)の2種類が統一されずに表記。どちらも間違いではないが「丸い」が適切だろう。

●撮影データ 2010.10.3 10:30 / f=18mm / 1/250秒 / F10 / ISO 100
黒船見張所跡
黒船見張所跡
公園の一角にある黒船見張所跡。下田湾に向けた英国製の砲台が復元されている。

●撮影データ 2010.10.3 10:15 / f=27mm / 1/180秒 / F7.1 / ISO 100
→ 目次へ


白州のヤマユリ

白州のヤマユリ
白州のヤマユリ
猛暑の中、甘い香りを放ちながら涼しげに咲くヤマユリ。場所は山梨県北杜市白州町のサントリー白州蒸留所内遊歩道脇き。

●撮影データ 2010.7.25 11:20 / f=42mm / 1/80秒 / F4.5 / ISO 100
→ 目次へ


リア文字間隔再変更

リア文字間隔再変更
リア文字間隔再変更
MyS90ロイヤルエルメスのリアエンブレムの文字間隔をさらに拡げる。(→配置変更レポート

●撮影データ 2010.7.18 17:23 / f=32mm / 1/30秒 / F4.2 / ISO 100
リア文字間隔再変更
リア文字間隔再変更
リアの“VOLVO”の文字間隔は、最近のモデルでは広くなっているが、この車が発売された当時はまだ行われていなかった。

●撮影データ 2010.7.18 17:23 / f=75mm / 1/50秒 / F8 / ISO 100
リア文字間隔再変更
リア文字間隔再変更
ボディの全幅が1755mmと、このクラスにしてはやや狭い全幅が、少しは広くなったように見えるか。

●撮影データ 2010.7.18 17:32 / f=24mm / 1/45秒 / F3.8 / ISO 100
→ 目次へ




初夏を告げる紫陽花

初夏を告げる紫陽花
初夏を告げる紫陽花
夏はもうそこまで来ていると感じさせる梅雨の紫陽花。明るい夏の到来が待ち遠しい季節である。

●撮影データ 2010.6.26 11:26 / f=42mm / 1/80秒 / F4.5 / ISO 100
→ 目次へ




日本大正村(岐阜県恵那市)

日本大正村役場
日本大正村役場
日本大正村は岐阜県恵那市明智町、明知鉄道の明智駅に近いところにあり、町全体(旧明知町)に大正時代の風景が再現されている。この村役場は昭和32年まで明知町の庁舎として使用されていたものだが、現在は休憩所として使われている。

●撮影データ 2010.5.3 13:25 / f=22mm / 1/200秒 / F7.1 / ISO 100
大正ロマン館
大正ロマン館
大正村の主要な施設の一つである大正ロマン館。郷土資料館となっている。

●撮影データ 2010.5.3 13:47 / f=32mm / 1/320秒 / F9 / ISO 100
ヤグルマ草
ヤグルマ草
大正ロマン館付近の道端に咲いていたヤグルマ草。

●撮影データ 2010.5.3 13:54 / f=55mm / 1/180秒 / F7.1 / ISO 100
ちんどん豊田倶楽部
ちんどん豊田倶楽部
平成23年大正100年祭ポスター 再来年(平成24年)が大正100年であることから、明年(平成23年)開催の「大正百年祭」を祝うポスターあg街のあちこちに貼られています。

●撮影データ 2010.5.3 13:29 / f=62mm / 1/180秒 / F6.3 / ISO 100
「美しき天然」を熱演
「美しき天然」を熱演
ORGANちんどん隊 当日はいくつかのちんどん屋が繰り出し、街は大賑わい。地元高校生が運営するこの店の前では、若い人12人ほどのORGANちんどん隊が、懐かしい曲を演奏。

●撮影データ 2010.5.3 14:02 / f=18mm / 1/250秒 / F8 / ISO 100
鎌田行進曲を熱演
続いて「鎌田行進曲」を熱演
ORGANちんどん隊 なかなかの腕前に、すっかり聴き惚れてしまいました。ちんどん屋というよりも楽隊と呼んだ方が良さそうです。

●撮影データ 2010.5.3 14:03 / f=18mm / 1/250秒 / F8 / ISO 100
ORGANちんどん隊
ORGANちんどん隊
ORGANちんどん隊のように、若者がこういう音楽バンドを結成するのは、嬉しく且つ頼もしい限りですね。

●撮影データ 2010.5.3 14:03 / f=22mm / 1/200秒 / F7.1 / ISO 100
→ 目次へ




明知鉄道(岐阜県)

アケチ10形11(野志ー山岡)
アケチ10形11(野志ー山岡)
野志駅 ヘッドマークに「ぎふ清流国体2012」を掲げながら、野志駅を出て恵那に向かうアケチ10形11(1998年富士重工製)。

●撮影データ 2010.5.3 12:29 / f=70mm / 1/180秒 / F7.1 / ISO 100
アケチ10形11(野志ー山岡)
アケチ10形11(野志ー山岡)
当日この地域では田植えが盛んに行われていました。手前はこの日、田植えが終わったばかりの水田。

●撮影データ 2010.5.3 12:29 / f=29mm / 1/180秒 / F7.1 / ISO 100
アケチ10形12(岩村)
アケチ10形12(岩村)
恵那駅から明智駅に向かうアケチ10形12(1998年富士重工製)が、岩村駅に入るところ。

●撮影データ 2010.5.3 15:24 / f=56mm / 1/1000秒 / F4.8 / ISO 200
岩村駅での車両交換
岩村駅での車両交換
岩村駅 左が明智行き、右が恵那行き。

●撮影データ 2010.5.3 15:27 / f=75mm / 1/1000秒 / F5 / ISO 200
アケチ10形14(岩村)
アケチ10形14(岩村)
岩村駅駅舎 明智駅から恵那駅に向かうアケチ10形14(1999年富士重工製)が岩村駅を出たところ。

●撮影データ 2010.5.3 15:28 / f=52mm / 1/1000秒 / F4.8 / ISO 200
→ 目次へ



CORDA Audi 2.5 3WDS TURBO

サイドカー付きバイク?
サイドカー付きバイク?
サイドカーとバイクが一体としてデザインされている。

●撮影データ 2010.5.3 11:02 / f=20mm / 1/320秒 / F9 / ISO 100
何とも変わった形
何とも変わった形
サイドカーは2座で、サイドカーを切り離してバイクだけ使うことはできなさそう。

●撮影データ 2010.5.3 11:02 / f=26mm / 1/250秒 / F8 / ISO 100
アウディは本当か?
アウディは本当か?
エンジンは2.5ディーゼルターボらしいが、アウディ製かどうかは不明。

●撮影データ 2010.5.3 11:03 / f=27mm / 1/200秒 / F7.1 / ISO 100
コックピット
コックピット
コックピットは間違いなくバイクのそれ。

●撮影データ 2010.5.3 11:03 / f=18mm / 1/250秒 / F8 / ISO 100
→ 目次へ


© Takashi Okamura / volvolife.jp
当サイトの写真は著作権法で保護されています。
無断転載及び無断利用を禁止します。
本コーナーの写真は写真素材「PIXTA」にて販売中(→PIXTA
「PIXTA」に登録されていない写真については、
こちら(→okamura@volvolife.jp>)までご相談ください。